ワインのお話 -シャトー・ル・パン

金澤幸雄です。

それまでは広く知られているわけではなかったものの、ある日メディアやコンテストなどで注目されたり、著名人が買いつけたりしたことがきっかけで価値が上がり、1本数十万円以上という高額で取引されるようになったワインを「シンデレラワイン」と呼びます

その元祖にして代表格とも言えるのが、ボルドーにあるドルドーニュ川の右岸に位置するポムロール地区の赤ワイン「シャトー・ペトリュス」です。

シャトー・ペトリュスは、1889年のパリ万博で金賞を受賞後、マリー・ルイーズ・ルバがシャトーを買い取ってオーナーとなりました。

彼女の「品質向上を第一とする」「決して安売りしない」等の経営方針が功を奏し、シャトー・ペトリュスはわずか数十年の間にボルドー左岸のメドック地区にあるフランス5大シャトー(シャトー・ラトゥール、シャトー・ラフィット・ロスチャイルド、シャトー・ムートン・ロスチャイルド、シャトー・マルゴー、シャトー・オー・ブリオン)に並ぶ、あるいはそれ以上の価値をもつワインとなったのです。

そして、そのペトリュスに勝るとも劣らない人気を誇るのが、これからお話しする「シャトー・ル・パン」です

シャトー・ル・パンは、ファースト・ヴィンテージが1979年という、ワインの世界ではかなり歴史の浅い部類に入るワインです。

1979年にジャック・ティエンポンがこの畑とメゾンを購入し、ワイナリーの近くにぽつんと立っていた1本の松にちなみ「Le Pin(松の木)」と名付けました。

当時のシャトー・ル・パンの畑はワインづくりに最良の状態ではなく、また資金も限られていたため、簡素な設備からしかワインづくりを始めることはできませんでした。

しかし、1982年のヴィンテージが、「神の舌を持つ男」の異名を持つロバート・パーカーが手掛けるワイン専門誌「ワイン・アドヴォケイト」で、パーカー・ポイントと呼ばれる採点方法で100点満点を獲得したのです。

シャトー・ル・パンの評価は瞬く間に上昇、ワイン・アドヴォケイトもシャトー・ル・パンのクオリティの高さにいち早く気づいたことで、大きな信頼が寄せられるようになりました。

こうしてシャトー・ル・パンの人気は一気にブレイクし、シャトー・ペトリュスをしのぐワインとしてワイン通の間で広く知られることとなったのです。

しかし残念なことに、シャトー・ル・パンはその希少性から偽物も多く出回っているのが現状です。かなり信頼できるルートからでないと、本物のシャトー・ル・パンを入手することは不可能だといわれています。
シャトー・ル・パンのように高額でレアなワインは投資の対象になり得ますから、普段から見極める目を養っておくことが重要です。

金澤幸雄

Photo by Pierre Ducher on Unsplash

ワインのお話 -オレンジワイン

タイタンキャピタルの金澤幸雄です。

数年前から、日本でもオレンジワインの人気が高まっています。当初はその名前から「オレンジの果実からつくられたフルーツワイン?」などと誤解されていましたが、今やしっかりと認知されつつあるようで、喜ばしいことだなと思っています。

オレンジワインは、ブドウからつくられるれっきとしたワインです。シャルドネ、リースリング、ソーヴィニヨン・ブラン、ピノ・グリなどの、皮が黄色や緑のブドウを皮や種子ごと発酵させてつくります。

ここで、赤、白、ロゼワイン、それぞれのつくり方をおさらいしてみましょう。

赤ワイン:カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、ピノ・ノワールなどの、皮が紫や黒いブドウを皮や種子、場合によっては軸の部分ごと発酵させてつくる

白ワイン:シャルドネ、リースリング、ソーヴィニヨン・ブラン、甲州、ピノ・グリなどの、皮が黄色や緑のブドウの皮や種子を取り除いて発酵させてつくる

ロゼワイン:赤ワインに使うカベルネ・ソーヴィニヨンなどの黒ブドウを皮や種子を取り除いて発酵させてつくる(=赤ワイン用のブドウを使用し、白ワインの製法でつくる)

したがって、オレンジワインは簡単に言うと「白ブドウを使って赤ワインの製法でつくるワイン」ということになります。ちょうど、ロゼワインと真逆のやり方、といったところでしょうか。白ワインの皮や種子をまるごと使いますが、白ブドウの皮には赤い色素(アントシアニン)が含まれていないので、液色は赤くなりません。皮に含まれる微量の色素が溶け出すことで、一般的な白ワインよりもややオレンジ色に近い色になるのです。

また、皮や種も取り除かずに仕込むことで、白ブドウの皮がもつ色素、渋み、香り、種に含まれるタンニンなどが溶け込み、まるで赤ワインのような渋味をかすかに伴った複雑な深み、旨みを感じられる味わいのワインになります。

ワインのルーツは気が遠くなるほど古く、ジョージア地方の遺跡で、約8000年前(新石器時代)のものとみられるワインづくりの痕跡が発見されたことに由来します。

このように、ワインづくり発祥の地とされているジョージアでは、今でも壺に房ごとブドウを入れて発酵させ、土中に埋めて熟成させるという製法でアンバーワイン(琥珀色のワイン)をつくっており、これはオレンジワインのルーツとなるものです。

ここ10年ほどで、日本のワイナリーでも日本固有種のブドウである甲州などを使ったハイレベルなオレンジワインがつくられるようになりました。これらは当然ながら日本料理との相性も抜群ですので、見かけたら試してみるのも良さそうです。

金澤幸雄

名言のお話 -アドルフ・ワグナー

『仕事をする時は上機嫌でやれ。 そうすれば仕事ははかどるし、体も疲れない。』

――アドルフ・ワグナー

世界の偉人や著名人たちの名言、格言の中には、経営者の自分にとって重要な「気づき」を得られるものが多くあり、折に触れて彼らの言葉を読み返し、生きていく上でのヒントをもらっています。

今回ご紹介するのは、19世紀に活躍したドイツの経済学者、財政学者のアドルフ・ワグナーの言葉です。

ワグナーはビスマルク体制期における重要な経済学者のひとりとして知られる人物です。

近代資本主義財政における経費支出は次第に膨張増大せざるを得ず、また現実にそうなっているとする「経費膨張の法則(ワグナーの法則)」を提唱しました。

国家による社会政策を主張しドイツの金融信用制度の発展に携わったほか、第一次世界大戦前の発券銀行政策や禁輸政策に影響を与えた人物です。

・・・と紹介するとなんだか難しそうですが、ワグナーの遺した名言は現代に働く私たちの心にもすっと入ってくる優しいものも多くあります。

たしかに嫌々ながらこなす気の乗らない仕事は進みが遅いような気がします。つまらないと思っても、どこかに楽しみを見つけて機嫌よく仕事に取り組む人の方が魅力的ですし、そういう人には結果的に「いい仕事」が舞い込んでくるのではないでしょうか。

金澤幸雄

名言のお話 -ビル・ゲイツ

「成功は最低の教師だ。優秀な人間をたぶらかして、失敗などありえないと思い込ませてしまう。」

――ビル・ゲイツ

世界の偉人や著名人たちの名言、格言の中には、経営者の自分にとって重要な「気づき」を得られるものが多くあり、折に触れて彼らの言葉を読み返し、生きていく上でのヒントをもらっています。

今回ご紹介するのは、一般向けOSのシェアのほとんどを占めるWindowsシリーズなどを開発・販売しているソフトウェアメーカー、Microsoftの共同設立者であり、慈善活動家、技術者、プログラマとしても活躍するビル・ゲイツの言葉です。

「勝って兜の緒を締めよ」という慣用句は、皆さんもよくご存じだと思います。

上手くいってもそれで気を緩めたり慢心したりすることなく、常に緊張感をもち、身を引き締めて事に当たれという意味ですが、ビル・ゲイツは成功することを「最低の教師」や「たぶらかし」とまで言って忌み嫌っていることは非常に興味深いです。

人というのは得てして、失敗や何らかの悪い事があれば、その状況を検証し、次からはミスをしないように努めたり、どうにかして事態を打開すべく行動したりするものです。

しかし、成功したり、いい事が続いたりしているときはどうでしょうか。

「いいことがいつまでも続くとは限らない」「次は失敗するかもしれない」と思うことはあっても、うまくいった事実を「最低の教師」だと律し、その後も成功した時以上に細心の注意をもって常に行動できる人はかなり少ないのではないでしょうか。

ご存じのとおり、IT業界では開発する際にトライアンドエラー(trial and error:開発していく上で起こるあらゆる出来事で、失敗をその都度修正するなどして試行錯誤し、結果的に成功に導くこと)を繰り返し、ざっくり言うと、膨大な数の「開発→不具合→修正」を地道に積み上げながら、日夜開発が進められています。

今や知らない人はいないと言っても過言ではないWindowsシリーズを開発したビル・ゲイツ自身も、そこに至るまでには数知れないほどの苦難と失敗の繰り返しを経て、現在の地位を築いたことは想像に難くありません。

確かに、いつまでも成功を喜び、自分の優秀さに酔っていても、前には進みません。

成功をひとつの「過去の事実」としてとらえ、それに思い上がることなく淡々と次のことに取り組める人こそが、真の成功を掴むのではないでしょうか。

世界最高レベルの地位、名誉、富、頭脳を持つビル・ゲイツであっても、かつての成功が永遠に続く保証はないのです。いわんや私たちをや、どんな業界においても成功者であり続けるためには、努力をやめてはならないのだと痛感しました。

金澤幸雄

Photo by Matthew Manuel on Unsplash

チャリティーのお話 -「ファンドレイジング」

金澤幸雄です。

「ファンドレイジング」「ファンドレイザー」という言葉をご存知でしょうか。日本ではまだ馴染みのない単語ではないかと思います。

「ファンドレイジング」とは、NPO法人(特定非営利活動法人)や公益財団法人などで、活動に必要な資金を調達することを言います。
「ファンドレイザー」とは、それを(職業等として)担当している人のことで、企業や自治体、一般の人々などから活動に必要な財源を獲得してくるなど、ファンドレイジングに関連するすべての業務を行う人のことを指します。

このファンドレイザーという仕事は、いわば、NPOなどの非営利団体と社会とを「寄付」でつなぐ存在です。

チャリティー活動が盛んなアメリカでは人気職業のランキングの上位に入っており、ファンドレイザーをするにあたってこの資格があるとないとでは収入や役職などにもかなりの差がつくのだそうです。
さらに、欧米の非営利組織間では、優秀なファンドレイザーの元には多くのヘッドハンティングの知らせが届くのだそうです。

寄付文化が根付いている欧米諸国では、ファンドレイジングはNPOなどの非営利団体にとってもっとも大切な仕事のひとつなのですね。

特定非営利活動法人日本ファンドレイジング協会(Japan Fundraising Association)によると、ファンドレイザーの定義とは以下の人を指すのだそうです。

  • 団体や活動の魅力の発信力を高めて、外部から経営資源を集めることができる人
  • 組織や財源の強化を通じて、活動や組織を成長させることができる人
  •  倫理を守って寄付市場全体を成長させることができる人

この①にもあるとおり、ファンドレイザーの仕事は、単に活動のためのお金を集めることだけではありません。もちろんお金集めは重要ですが、それだけでは不十分と明文化されています。

「社会課題の解決に取り組む人」と「なにか社会貢献をしたい人」をつなぎ、活動を継続するために必要な「経営資源(資金ではなく、資源)」を獲得し、その活動を推進していけるような広い視点が必要だと言えるでしょう。

その組織や団体、あるいは活動が持つ「こういう社会にしたい」「こういう人の力になりたい」などのビジョンやミッションを社会に向けて明確に伝え、その組織や活動に関わる全ての関係者との信頼を築き、根本的な社会課題を解決していくファンドレイザーの育成。これこそ、欧米諸国に比べてチャリティー関連でかなりの遅れを取ってしまっている日本がすこしでも「寄付・社会的投資が進む社会」に向けて進むために必要な行動ではないか、と私は考えます。

金澤幸雄

Photo by Jeremy Bezanger on Unsplash

チャリティーのお話 -善きサマリア人のエピソード

金澤幸雄です。

「自分を愛するように、あなたの隣人を愛せよ」とイエス・キリストが説いた、善きサマリア人のエピソードをご存じでしょうか。

ある律法学者がイエス・キリストに「永遠の命を受けるために何をすべきですか」と質問しました。するとイエスは「自分を愛するように、あなたの隣人を愛せよ」と答えました。
隣人とは誰ですか、との問いに、イエスは次のように語りました。

「旅人が、強盗に襲われて瀕死の状態になりました。旅人が倒れているところに祭司とレビ人が通りかかりましたが、2人とも彼を助けようとはしませんでした。
3番目にサマリア人がそこを通りかかりました。サマリア人は旅人を気の毒に思い、オリーブ油とワインで傷の手当てをし、宿屋に連れて行って介抱しました。この3人のうち、誰が旅人の隣人となったでしょうか?」

律法学者が「旅人を助けた人です」と答えると、イエスは「あなたも行って、そのようにしなさい」と説きました。

キリスト教国であるアメリカでは、クリスマスは慈愛と献身について考え、行動する時季でもあります。

11月の終わりから12月にかけて、貧しい人や病の床にある人、またその子供たちの隣人となれるよう、あたたかい食事やおもちゃを買うための募金がさかんに行われます。

実は、アメリカで12月に募金活動が多く行われる理由はもう一つあります。

日本における会計年度は、通常4月1日から3月31日を一区切りとしていますが、アメリカでは私企業の場合、会計年度(Fiscal Year)の定め方は自由裁量となっており、ほとんどの会社が1月1日から12月31日をひとつの年度としています。

従って、税金対策をするなら12月は最後の月であり、ラストチャンスとも言えるのです。アメリカでは、個人での寄付の話をすると、寄付先のNPO(非営利団体)の選択肢が日本とは比べ物にならないほど多くあり、寄付の方法もシンプルなことが多いです。また、税金控除のための確定申告のツールも豊富です。アメリカにおいて収入があった人は全員確定申告をすることが定められているためでしょうか。

また、会社としてのメリットは、寄付という形で社会貢献をしながら、それを控除対象にできる点や、その慈善活動が企業の宣伝にもなり、さらに税金控除にもなるため、企業活動の一環として行うことが株主総会などで承認されるというわけです。

どんな理由であれ、助けを必要とする人に寄付という形で手を差し伸べることはとても素敵なことです。私もできる限り、寄付を続けていこうと思っています。

タイタンキャピタル 金澤幸雄

Photo by Jametlene Reskp on Unsplash

不動産投資のお話 -大手企業が自社オフィスなどの不動産を売却

金澤幸雄です。

先月14日、旅行会社大手のJTBが東京都品川区天王洲にある本社ビルを含む、自社ビル2棟を売却し、売却先は非公表ではあるものの、イギリスの不動産ファンドであるサヴィルズ系列のファンドが約200億円で取得したようだ、というニュースを読みました。

旅行会社で言うと、東京都港区のエイチ・アイ・エスも、9月1日付で本社オフィスを三井住友ファイナンス&リース株式会社が100%出資するSMFLみらいパートナーズに325億円で売却しています。

この2社のような大手企業が自社オフィスなどの不動産を売却するときは、売却先と賃貸契約を結ぶという形で元自社オフィスをそのまま利用するという「セール・アンド・リースバック」というスキームが採用されることが多くあり、この2社もこの手法を取り入れてオフィスを継続利用しています。

「継続して使うオフィスをわざわざ(ファンドなどに)売ってそこから借りなおすより、そのまま不動産として所有しながら使っていた方がいいのでは?」との考え方もありますが、実は、このスキームはオフバランス化の手法の一つで、負債の圧縮ができたり、売却益の計上ができたりするなどのメリットがあります。

現金化できる可能性が低く「売りにくい」不動産をどうにか現金にすることで、(借入金がある場合は)借金返済して自己資本比率を高められるほか、総資産を減らすことでROA(総資産利益率)の向上が期待できます。一般的に、ROAの数値が高いほど効率的な経営ができていると評価されます。

少ない総資産で多くの利益を生む不動産が、より優れた投資対象となるということですから、各社とも、資産の入れ替えに伴う不動産売却を進め、分母である総資産を減らすのが狙いでしょう。

また、売却損が発生する場合は、損益通算(不動産売却で出たマイナスを不動産売却以外のプラスと相殺する)で決算対応や、特別損失の発生により節税効果も期待できます。売却で得た資金を自社ビルの想定利回りを上回る利回りで運用できれば、ROE(自己資本利益率)の改善にもなります。

ここまでお読みくださった方はお分かりかと思いますが、逆に言えば、このセール・アンド・リースバックというスキームはその企業の資金が潤沢な場合はほとんど採用されません。JTBやエイチ・アイ・エスの場合は、コロナ禍が長く続き、旅行の需要低迷も長期化するなか、手元に少しでも高い流動性を持つ資金を確保しておきたいというところでしょうか。

金澤幸雄

Photo by L N on Unsplash

音楽のお話 -フレデリック・ショパン国際ピアノコンクール

金澤幸雄です。

世界最難関のピアノコンクールとして広く知られ、若手ピアニストにとって一流ピアニストへの登竜門でもあるフレデリック・ショパン国際ピアノコンクール(日本では俗にショパコンとも呼ばれています)で、日本人のピアニストである反田恭平さんが2位に、小林愛実さんが4位入賞を果たしました。日本人の2位以上の入賞は1970年に内田光子さんが2位に入賞した以来の快挙。実に半世紀以上ぶりのうれしいニュースに、クラシック好き、ピアノ好きの私も胸が躍りました。

このコンクールは、10月17日がショパンの命日ということにちなんで、開催年の10月17日の前後3週間にわたり、ポーランドの首都ワルシャワで5年に1度開催されます。本来は2020年に開催されるはずでしたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で1年延期され、今年の 開催となりました。

また、ベルギーの「エリザベート王妃国際音楽コンクール(4年に1回)」や、ロシアの「チャイコフスキー国際コンクール(4年に1回)」と並ぶ、世界3大コンクールの1つとされています。

このコンクールの最大の特徴は、なんと言ってもショパンのピアノ曲だけがピアニストによって演奏される、ピア二ストのためのコンクールであるということです。他のコンクールと違い、バイオリンなどの他部門はありません。

余談ですが、「ピアノの詩人」と称されるショパンはピアノ曲しか遺していないと思われがちですが、友人のチェリストのために作ったチェロ・ソナタや歌曲なども、ごくわずかではありますが作曲しています。

ファイナルは10月18日から3日間行われ、世界各国のピアニスト12人がしのぎを削りました。演奏する曲はワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団との共演で、ピアノ協奏曲の第1番ホ短調または第2番ヘ短調(いずれももちろんショパンの曲です)のどちらかとなっており、反田さんも小林さんも第1番を演奏しました。

ポーランド国立ショパン音楽大学という、いわば「ショパコンの本拠地」のような学校に在籍している反田さんは、音に厚みを持たせるため身体を大きくし、髪型も「サムライ」のように工夫するなど、生活のほとんどすべてをこのコンクールに費やしてきたといいます。ファイナルでのオーケストラとの一体感もすばらしく、個人的には優勝でもまったくおかしくない圧巻の演奏だったと思います。小林さんは、反田さんとは同じピアノ教室で学び、桐朋学園女子高音楽科に進んだ幼馴染とのこと。今後も切磋琢磨して、またすばらしい演奏を聴かせてくれることでしょう。

Photo by Dolo Iglesias on Unsplash

名言のお話 -小池一夫氏

『愛情でも、友情でも、親子でも、恋人でも、友人でも、関係はうつろっていく。
最後に人と人を繋ぎとめるものは、「敬意」である。「情」ではない。』

――小池一夫

世界の偉人や著名人たちの名言、格言の中には、経営者の自分にとって重要な「気づき」を得られるものが多くあり、折に触れて彼らの言葉を読み返し、生きていく上でのヒントをもらっています。

今回ご紹介するのは、漫画・劇画原作者の小池一夫さんの言葉です。

小池さんは1936年に秋田県で生まれ、漫画「子連れ狼」の原作者として広く知られています。

原作者としてだけでなく、「小池一夫劇画村塾」を開講し、「うる星やつら」などで知られる高橋留美子さん、「北斗の拳」の原哲夫さんなど、錚々たる顔ぶれの漫画家、漫画原作者たちを世に送り出しました。

晩年に小池一夫さんの名前をさらに知らしめることになったのは、2010年から亡くなる直前の2019年まで更新し続けたTwitterでしょう。

Twitterアカウント開設時、小池さんは73歳でした。SNSを始める年齢としてはおそらくかなりの高齢であり、Twitterのボリュームゾーンではない年齢にもかかわらず、小池さんの言葉はユーザーから大きな反響を呼び、亡くなって3年以上が経過した今もなおフォロワー数は81万を超えています。

冒頭の言葉は、小池さんが2015年、76歳の時にツイートした言葉です。

人間関係において最も重要なのは、関係継続のための忍耐力やお情けなどではなく、ただ純粋に相手を尊敬し思いやること、すなわち「敬意」であると教えてくれます。

小池さんの言う敬意とは、相手に媚びへつらうような卑屈な態度ではないことは明白です。

どんな人にも平等に接する。性別、国籍、年齢などに関係なく、相手を理解しようと努め、共に歩んでいこうという精神。企業であれば、相手が上司部下や仕事の出来不出来などに関わらず、常に冷静に平等に、相手を慮って行動する。それこそが敬意の本質であると、私は考えています。

また、小池さんはTwitterで次のような言葉も遺しています。何かというとすぐに「炎上」する現代において、ひとりひとりが肝に銘じておくべき金言だと思っています。

『ネットを見ていて、凄く気になるのは「人を見下す」事が蔓延している事である。人に対する好き嫌いや、事の善悪の判断や、意見の応酬はあってしかるべきだが、もう、とにかく「人を見下す」が基本スタンスになっている。しかし、人を見下している人って、大抵自分自信の背中は無防備だ。』

金澤幸雄

不動産投資のお話 -「不特法」について

タイタンキャピタルの金澤幸雄です。

「不特法」という法律をご存じでしょうか?不動産投資を勉強したことのある方なら一度は耳にしたことがあると思います。

不特法は、正式名称を「不動産特定共同事業法」と言い、1994(平成6)年に制定されて以降、何度か改正が行われてはいますが、個人投資家の不動産投資を促進するような環境整備が進められています。

事業者が投資家たちから出資金を集めて不動産投資事業を行い、そこから生まれた利益を投資家に分配する、という不動産特定共同事業の発展と、それに携わる不動産投資家の保護のために制定された法律です。

不動産投資は、株式や投資信託、FXなどと並んで、投資家なら誰でも知っており、かつ人気の高い投資の方法です。

ある不動産を所有することで、そこから発生する家賃収入などの収益を得たり、所有する不動産を売却して利益を得たりして運用していきます。

プロの投資家から、経営者、会社員、そして「これから投資を始めてみたい」という投資初心者にも人気の高い不動産投資ですが、収益を得るためのマンションやオフィスビルなどの不動産の購入には、当然ですが少なくとも数千万円、高いものになると数億円、数十億円といった多額の資金が必要となってきます。

そういった資金問題を解決させるべく、不動産の所有権を分割し小口に切り分けて商品化し、所有権の共有持分を投資家に購入してもらい、収益が出たら分配する、という不動産小口化商品を販売する事業が生まれました。

そして、投資家保護と事業の健全な発展を目的に制定されたのが「不動産特定共同事業法」です。そして、この不特法に基づき運営される事業を「不動産特定共同事業」といいます。

不動産特定共同事業を営むには、原則として国土交通大臣等の許可が必要です。そのほかにも宅地建物取引業(宅建業)の免許を受けており、一定の資本金がある法人であることなどの条件があります。

しかし、不特法が2017年(平成29年)に改正され、出資総額及び一人当たりの出資額が小さい小規模不動産特定共同事業については、登録によって営業することができるという「小規模不動産特定共同事業」が新たに創設されました。

この改正により、大企業のような資本のない企業、例えばその地域に根づいている不動産業者なども、不動産特定共同事業に参入しやすくなりました。

不動産投資を始める前には、まず仕組みや関連する法律などを理解しておくことは非常に重要です。それによって得た知識が、いつか投資家としての皆さまの力になってくれることでしょう。

金澤幸雄

Photo by George Kedenburg III on Unsplash